東日本太平洋側で大雨

前線、低気圧の影響

© 一般社団法人共同通信社

気象庁=東京都港区虎ノ門

 気象庁は14日、東日本の太平洋側と南西諸島で雷を伴った激しい雨が降る恐れがあるとして、土砂災害や河川の増水、突風などに警戒するよう呼びかけた。前線や低気圧の影響で、静岡県や神奈川県などでは同日、雨が強まった。南西諸島は15日にかけて大雨となる所がある見通し。

 気象庁によると14日、静岡県御前崎市と和歌山県田辺市で1時間に30ミリ以上の激しい雨が降った。静岡県伊豆市天城山では12日の降り始めから14日早朝までに276.5ミリ、神奈川県箱根町では194.0ミリの雨量を観測した。