【新型コロナ】北朝鮮、さらなる感染拡大報告 金総書記「建国以来の大動乱」

© 合同会社ソシオタンク

 北朝鮮の国営通信社が14日、13日の新規の発熱患者が17万人を越え、21人が死亡したと報じた。金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記は「建国以来の大動乱」と危機感を示し、当局を叱責したうえで中国の感染対策を参考にするよう指示した。

累計感染者約52万人強と報道

 今週に入り「原因不明の発熱患者」が全土で爆発的に増加していることを認めた北朝鮮当局が、さらなる感染拡大状況にあることを認めた。14日、国営の朝鮮中央通信がこの日開催された朝鮮労働党の党政治局会議のもようを伝え、この中で前日13日の感染状況が報告されたとした。それによると、13日だけで17万4400人が発熱、21人が死亡したという。また、4月末以降の累計では感染者は約52万4400人、死者27人で、このうち約28万800人が現在も治療を受けているとした。

 報告を受けた金党総書記は、この状況を「建国以来の大動乱」と表現し、当局の対応を「党組織の無能と無責任も起因」だと叱責した。そのうえで、中国の感染対策を積極的に学んで対処するよう指示したという。