宮崎県産「生ライチ」の初競り 最高値は500g1万円 

© 株式会社テレビ宮崎

南国フルーツ「生ライチ」のシーズン到来です。
14日は初競りが行われ、去年の2倍にあたる500グラム1万円の最高値が付けられました。

14日朝、宮崎市の中央卸売市場には、県内で生産されたライチ13ケース・約6.5kgが並びました。
今シーズンは曇りの日が多かった影響で、出荷の出足は遅いものの、去年より1.5t多い、約8tが出荷される見通しです。
初競りが始まると、仲買人たちの威勢のいい声が市場に響き渡り、1ケース9玉・500gに去年の2倍にあたる1万円の最高値が付けられました。

(JA宮崎経済連 長友砂樹さん)
「生果実ですので、果汁も多くみずみずしく、おいしく仕上がっています。夏にぴったりな南国フルーツですので、ぜひご賞味ください」

生ライチの出荷は、6月下旬から7月上旬にかけて最盛期を迎えます。