川上村大迫で土砂崩れ 国道169号で通行止め続く

© 奈良テレビ放送株式会社

 13日夜、川上村の国道169号で斜面の土砂が崩れ路面をふさぎました。現場では14日午後6時現在通行止めが続いています。

 土砂崩れが起きたのは、川上村大迫の国道169号です。県によりますと、道路わきの斜面が長さ20m、高さ15m、幅9mに渡って崩れたため13日午後8時20分から、通行止めとなっています。けが人などはなかったということですが、県南部では当時雨が続き道路の通行規制が相次いでいました。現場では土砂崩れによって電柱が倒れ、電線の移設作業も実施する必要があることから、14日午後6時現在、復旧の見通しはたっていません。

また現場付近にはう回路がないため、和歌山方面や上北山村、下北山村方面へは国道168号などへの広域う回が必要となっています。