SKR列車事故から31年追悼法要/滋賀

© びわ湖放送

あの痛ましい事故から31年。信楽高原鉄道とJR西日本の列車が衝突し乗客ら42人が死亡した事故現場では、14日、追悼法要が営まれました。

事故が発生した時刻に合わせ、甲賀市信楽町黄瀬の事故現場では14日、信楽高原鉄道列車事故犠牲者追悼法要が営まれました。法要は、コロナ禍に配慮し、最小限の人数に絞り遺族1人を含む関係者7人のみが参列。

安全の鐘を鳴らすとともに慰霊碑へ静かに手を合わせていました。信楽高原鉄道列車事故は、1991年5月14日、JR西日本と信楽高原鉄道の列車が正面衝突し、乗客ら42人が死亡。600人以上が負傷しました。

あの痛ましい事故から31年。参列した信楽高原鉄道の正木仙治郎社長と、JR西日本の長谷川一明社長が犠牲者の冥福を祈るとともに鉄道における安全確保への思いを新たにしていました。