【ボート】大村ミッド 中村桃佳が相性のいい水面で女子初のミッドナイトレース制覇に挑む

© 株式会社神戸新聞社

 準優後に笑顔で引き揚げてきた中村桃佳

 「ミッドナイトボートレース第1戦in大村」(14日、大村)

 準優3レースが行われ、10Rは中村桃佳(29)=香川・114期・A1=がイン逃げ快勝。2着は大神康司(福岡)。11Rは新田智彰(大阪)が赤坂俊輔(長崎)を1周2Mで差し切って1着。12Rは予選トップの馬場剛(東京)がきっちり逃走。加藤翔馬(兵庫)が2着を死守した。

 優出一番乗りを決めたのは女子の中村だった。10Rは2号艇の青木玄太(滋賀)にSでは先行されたが、1Mまでに伸び返してあっさり先制。ターンすると一気に突き放し圧勝劇を演じた。「全部の足がいいですね。後半は重たさもなく、行き足も良かった。もうこのままでも行けそう」と仕上がりに大満足だ。

 大村はデビュー初優出、そして産休後初の優出を飾った水面。「相性はいいですね。女子初のミッドナイトレース制覇はそこまで意識していないけど、優勝できる足はあると思う。あとは本人次第なので頑張りたい」と奮起の表情。臨機応変なコース取りから一撃を放って、女子初、そして今年度初のミッドナイトレース覇者となる。