栗山千明『パンドラの果実』に参戦「私が演じるにはだいぶかわいらしい印象」

© 株式会社マイナビ

女優の栗山千明が、日本テレビ系ドラマ『パンドラの果実~科学犯罪捜査ファイル~』(毎週土曜22:00~)に、21日放送の第5話から出演する。

栗山千明(左)と岸井ゆきの=日本テレビ提供

栗山が演じるのは、サイエンスライターで、元ウイルス研究者・最上(岸井ゆきの)のかつての共同研究者でもあった速水真緒。最上が3年前に科学界を去る理由をよく知る人物で、2人の研究が事件のカギとなる。

栗山は「少し前であれば全くのフィクションだと感じていただろう科学が関与する事件が、現代の科学の進歩によって近い将来、いつか向き合っていかなければならない問題になるのでは、と考えさせられました。私は岸井さん演じる最上と共にウイルス研究をしていた速水を演じさせていただきました。最上を尊敬し、科学の力を信じる直向(ひたむ)きな役です。速水は、いちごミルクが好きだったり、、、正直、私が演じるにはだいぶかわいらしい印象ですが、どのような出来上がりになるのか楽しみにしています」と話している。