大峯奥駈道付近の川上村の山林で男性の遺体 行方不明の千葉県の会社員(67)か

© 奈良テレビ放送株式会社

川上村高原の大峯奥駈道付近の山林で、きょう午前、登山者が斜面の下に青いリュックサックがあるのを発見しました。警察と消防が捜索したところリュックの下から男性の遺体が見つかりました。

大峯奥駈道では千葉県の会社員・藤井弘司さん(67)が4月29日から5月5日までの予定の登山届を残したまま行方不明になっています。

リュックからは藤井さんの運転免許証が見つかったといい、警察では遺体は藤井さんの可能性が高いと見て身元の特定などを進めています。