帰還困難、6月12日に初解除

原発事故11年、居住再開へ

© 一般社団法人共同通信社

福島県葛尾村の特定復興再生拠点区域

 東京電力福島第1原発事故で住民の避難が続く帰還困難区域(約337平方キロ)のうち、福島県葛尾村の特定復興再生拠点区域(復興拠点、0.95平方キロ)の避難指示が6月12日に解除されることになった。国、県、村が16日、村内で共同記者会見し発表した。帰還困難区域を巡っては2020年3月にJR常磐線の線路や駅周辺が解除されたが、事故から11年を過ぎ、住民の居住再開につながる初の解除となる。

 全村避難を強いられた葛尾村は、16年6月12日に帰還困難区域を除く大部分の避難指示が解除。篠木弘村長は記者会見で「同じ6月12日に解除することで合意に至った」と説明した。