胃がん光らせ見逃さず

鳥取大病院が識別法開発

© 一般社団法人共同通信社

 鳥取大病院の磯本一教授(消化器内科)らのチームは16日、特定の波長の光を当てると発光する物質を利用して胃がんを光らせ、明確に識別する手法を開発したと発表した。脳腫瘍やぼうこうがんでは既に実用化されているが、胃がんでは初めてという。早期発見につながる成果。

 チームによると、物質は健康食品などにも含まれるアミノ酸の一種で、体内に入ると、青紫色の発光ダイオード(LED)光を当てた時に赤く光る物質に変わる。がん細胞に集積する特性がある。通常の内視鏡検査で一つの腫瘍が見つかっていた胃がん患者をこの手法で検査すると、他に二つの腫瘍を見つけることができた。