メンズメイクは当たり前に「ジェンダーレスコスメ」流行中 「トレンドは涙袋」「BTS・なにわ男子に憧れ」

© 株式会社ラジオ関西

男女問わず使える「ジェンダーレスコスメ」が人気

今、男女問わず使える化粧品「ジェンダーレスコスメ」が流行しているのをご存知ですか? ロフトや東急ハンズなど量販店では専門コーナーが特設されるなど、盛り上がりを見せています。

【写真】女性もうれしい 手軽さがSNSで話題になった「10秒アイブロウ」

2021年8月に20~54歳の女性326人を対象としてインターネットで行われた、メンズメイクについての調査(実施:株式会社ネクストレベル)によると、回答者の周りにいる男性のうち5人に1人がメイクをしているのだとか!

そこで、ジェンダーレスコスメの人気ブランド「SUORUM」(以下、スオルム)の担当者に話を聞きました。

■メンズメイクは「Z世代」を中心に広がり
ジェンダーレスコスメを購入する男性は10~20代の若年層がほとんどとのこと。メイクを「ファッションの延長」として考える男性が増えているようです。近頃は、韓国アイドル「BTS」や若手ジャニーズグループ「なにわ男子」のメンバーの「中性的な顔立ち」に憧れる若い男性が急増。そこからメイクに興味を持ち始める人が多いのだとか。

■「派手すぎない」「青ひげも隠せる」男性の悩みを解消
メンズメイクの中でもトレンドなのが、潤んだ目元を演出する「涙袋メイク」。新発売の「涙袋ライナー」は、ハイライトとブラウンのペンシルが一つになった便利な“2in1”タイプになっています。ハイライト部分は派手すぎないノンパールを採用するなど、男性でも使いやすい商品を意識。他にも、同時発売された「コンシーラー」はベージュとオレンジの2色セット。目の下のクマだけでなく、男性の悩み、青ひげも隠せる色味となっています。

■「誰でも使いやすい!」工夫が満載
開発したのは、スオルムブランドを展開する株式会社iHack代表の富田真人さんです。元々美容が好きだった富田さんは、「メイクをすればさらに自信がつくのではないか」と考え、開発に着手。男女問わず「誰でも使いやすい」コスメづくりを心がけたそう。

そして2021年9月、ブランド第一弾商品となる「10秒アイブロウ」を発表したところ、その手軽さが、SNSで「チップでサッと塗るだけで眉が完成」「洗顔で落とせる」などと話題になり、人気アイテムに。今年4月に発表された第二弾シリーズの涙袋ライナーやコンシーラー、UVミストも売上は好調で、「男性でも簡単にメイクできた!」「自然な色味が使いやすい」とZ世代を中心に支持を集めて、一躍人気ブランドとなりました。

スオルムの商品は、ロフトなど全国量販店もしくは公式サイトで購入可能。次世代の新常識!?「ジェンターレスコスメ」、一度試してみては?

(取材・文=みねほのか)