京広高速鉄道の北京-武漢区間、時速350キロ運営が常態化へ

© 株式会社 Record China

中国国家鉄路集団によりますと、北京と広州を結ぶ京広高速鉄道の北京-武漢区間で6月20日から時速350キロ運営が常態化します。

北京と武漢の最短所要時間は3時間48分に短縮されます。

国家鉄路集団は13日、京広高速鉄道の北京から武漢までの区間で、安全余裕速度の時速385キロでの運転試験を行い、高速鉄道の全システムに対する検証で全ての指標が要件を満たしました。

京広高速鉄道の北京-武漢区間は、北京市・天津市・河北省の中心部、黄河中下流域の都市群、長江中流域の都市群を経由します。同区間で全国に先駆けて時速350キロ運営が常態化し、各地方間の鉄道所要時間がいっそう短縮されることになります。(提供/CRI)