ゴールドマン・サックスの前CEO、米国の経済危機のリスクは「非常に高い」

© 株式会社 Record China

アメリカの政治専門紙「ザ・ヒル」によりますと、世界最大の投資銀行の一つであるゴールドマン・サックスのロイド・ブランクファイン(Lloyd Blankfein)前最高経営責任者は現地時間15日、米国は経済危機に備えるべきだと表明しました。

ブランクファイン氏は同日、メディアのインタビューを受け、米国が直面する経済危機のリスクは「非常に高い」と述べ、連邦準備制度理事会(FRB)は経済に影響を与えられる非常に強力なツールを持っていますが、「これらのツールが経済状況を変える効果はすぐには見えにくい」と指摘しました。さらに、大きな会社を経営するように、米国はリスクに直面するために十分な準備をしなければならないと警告しました。(提供/CRI)