BA・2の病原性変わらず

東大、オミクロン株比較

© 一般社団法人共同通信社

新型コロナウイルス・オミクロン株の電子顕微鏡写真(国立感染症研究所提供)

 現在流行する新型コロナウイルスのオミクロン株派生型「BA・2」の病原性は、同じオミクロン株で先に流行した「BA・1」と同程度に低いとする動物実験の結果を東京大医科学研究所の河岡義裕特任教授(ウイルス学)らのチームが17日、英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

 治療には塩野義製薬が製造販売の承認を国に申請中の抗ウイルス薬などが有効としている。別の研究でBA・2の病原性がBA・1より高まった可能性が指摘されていたが、今回の実験はそれを否定する結果となった。

 チームは感染者から取り出したウイルスをハムスターやマウスに感染させて分析した。