G-SHOCKとBABY-G、レインボーIPで仕上げた「イルクジ」2022年モデル

© 株式会社マイナビ

カシオ計算機は5月17日、耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」と「BABY-G」の新作として、「アイサーチ・ジャパン」とコラボレーションしたモデルを発表した。6月17日に発売する。価格は、G-SHOCK「GWX-8904K」が34,100円、BABY-G「BGR-3000UK」が28,600円。

アイサーチ・ジャパン」とコラボレーションしたイルカ・クジラモデルに2022年版が登場!

「アイサーチ・ジャパン」は、イルカ・クジラと自然の素晴らしさを伝える活動に取り組むボランティア団体。カシオ計算機とのコラボ製品は1994年から開始しており、「イルカ・クジラモデル」や「イルクジ」の愛称で親しまれている。

今回発売するコラボモデルのG-SHOCK「GWX-8904K」およびBABY-G「BGR-3000UK」は、イルカ・クジラが吹き出す水しぶきできた虹をイメージした耐衝撃ウオッチ。夏を意識したホワイトを基調に、ベゼル部はグラデーションが美しいレインボーIP(イオン プレーティング)とミラーリング仕上げを施した。

ベースモデルはG-SHOCK「GWX-8900」とBABY-G「BGR-3000」。いずれもメタルベゼルに細かな調整を重ね、虹のような多色カラーを実現した。レインボーIPは1点ずつ色味が異なるため、1点ごとに固有のグラデーションを楽しめる。

G-SHOCK「GWX-8904K」の文字板にはゴールドのリング、BABY-G「BGR-3000UK」にはホログラム調のリングを配置。バックライトを点けると、GWX-8904Kではクジラ、BGR-3000UKではイルカが現れる仕掛けを組み込んでいる。このほか、2モデルとも「アイサーチ・ジャパン」のロゴやイルカ、クジラのイラストをバンドや遊環などにあしらった。

防水性能は20気圧で、時刻合わせに用いる標準電波の受信は世界6局の「マルチバンド6」(日本2局、アメリカ、イギリス、ドイツ、中国)。世界48都市のワールドタイム(31タイムゾーン、サマータイム対応)、ストップウオッチ、タイマー、アラーム、フルオートカレンダー、LEDバックライトなどを備える。

環境への配慮として、蛍光灯などのわずかな光でも駆動するタフソーラー(ソーラー充電システム)を搭載。パッケージには再生紙を使った専用ボックス、綿100%の巾着袋を採用する。