北朝鮮の金氏、コロナ対応「未熟」と批判 新たに23万人発熱

© ロイター

[ソウル 18日 ロイター] - 北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は17日、新型コロナウイルス感染拡大に対する政府の対応を「未熟」と批判し、能力不足でやる気がないと官僚を非難した。国営朝鮮中央通信(KCNA)が18日報じた。

新たに23万2880人に発熱の症状が確認され、6人が死亡した。検査で陽性となった人の数は伝えていない。

KCNAによると、金総書記は党政治局会議で「国家の危機対応能力の未熟さ」によって、「時間が命」という時に感染拡大と闘う「複雑さと困難」が増したと述べた。

新型コロナ流行を初めて確認した先週から17日夜までに報告された発熱患者は172万人、死者は62人となった。

KCNAによると、北朝鮮は発熱者の検体収集、輸送、検査をより円滑に行い、追加の検疫体制を導入している。

また、保健当局者は多数の死亡につながった医薬品の過剰摂取や他の誤った治療を防ぐため、治療指針を策定した。

指針には患者のタイプに合わせた治療法などが記されているが、使用されている医薬品について詳細は報じていない。