コロナ下の上海で実店舗の書店が営業再開―中国

© 株式会社 Record China

新型コロナウイルス感染拡大の影響で厳しい外出制限が1カ月以上にわたって続いている上海市で14日、上海新華伝媒連鎖有限公司グループの新華書店金山朱●店(●は徑の偏をさんずいに)が営業を再開し、同市内で初めて営業を再開した実店舗の書店となった。中国新聞網が伝えた。

店舗の感染対策ルールによると、当面、同時に入店可能な買物客は最大5人までとし、入店時間は最長10分とする。他の買物客は店の外で順番を待ち、2メートルのソーシャルディスタンスを確保しなければならない。買物客が各種対策措置をしっかりと実行しなければならないほか、店員5人も「PCR検査1回+抗原検査1回」を毎日行い、各自の自宅と店舗の往復時には寄り道をせず、毎日正午になると短時間店を閉鎖して消毒作業を行うといった規定が設けられている。(提供/人民網日本語版・編集/KM)