国際博物館の日 奈良国立博物館 名品展の観覧料が無料に

© 奈良テレビ放送株式会社

 5月18日は国際博物館の日です。奈良市にある奈良国立博物館では、この日に合わせ名品展の観覧料が無料となり多くの人が訪れました。
 観覧が無料となっているのは「なら仏像館」と「青銅器館」で行われている名品展です。

このうち奈良県で、最初の本格的西洋建築で国の重要文化財に指定されている「なら仏像館」では、国宝、重要文化財を含む100体近くの仏像が見どころとなっています。現在、大規模な修理が行われている吉野町金峯山寺・仁王門の2体の金剛力士立像も特別公開されていて、国際博物館の日を利用した観光客らでにぎわいました。

訪れた人はー

「久しぶりに来て、吉野の金剛力士像があるのを知らなかったので、来て良かったです。」
 博物館では、国際博物館の日を含め年に数回、特別展以外の観覧料を無料にしていて、気軽に文化財に触れる機会として利用してほしいということです。