奈良市で初めてキッズゾーン設置

© 奈良テレビ放送株式会社

 保育所などの園外活動の安全を確保するキッズゾーンが、奈良市で初めて設置されました。
 保育所を中心とした周囲500メートルに設置されるキッズゾーンは、路面に大きな文字「キッズゾーン」と標示し、ドライバーなどに子どもへの注意を促します。

きょうは、奈良市立都南保育園の周辺での市内初のゾーン創設を記念して式典が行われました。キッズゾーンは、3年前の5月に、大津市で発生した通行中の園児らに車が突っ込む痛ましい事故を受けて、全国で設置が進められていて通学の安全などを確保するスクールゾーンとは異なり、散歩など施設の外で行う活動の安全を確保する目的があります。

県内では、桜井市・大和高田市・宇陀市で、すでに設置されていて警察では、この標識を見たら保育所などが近くにあると思って運転に注意してほしいと話しています。