経民連、李家超氏に局部出入境要求

© HKP

次期行政長官である李家超氏は5月16日、香港経済民生連盟(経民連)、G19、民主建港協進連盟(民建連)の立法会議員とそれぞれ面会した。17日付香港各紙によると、李氏は午前中にまず経民連のメンバーと1時間余り会談。林健鋒・副主席は李氏に対し、できるだけ早く局部的な出入境再開を取り付けること、空港で一地両検を実施して中国本土の出入境処理ができない都市に香港から乗り入れられるようにすることを求めたという。李氏は午後に立法会の無所属議員19人で構成されるG19と面会。今後も引き続き意思疎通を図ることで合意した。