北朝鮮で新たに26万人が発熱、1人死亡

© 一般社団法人共同通信社

 【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は19日、新型コロナウイルス感染症が疑われる発熱患者が、18日夕までの1日で新たに26万2千人超確認され、この間に1人が死亡したと報じた。4月末からの発熱患者の累計は197万8千人超、死者の合計は63人になった。