北京の一部のバス停や地下鉄駅で健康コードチェックがスタート―中国

© 株式会社 Record China

北京市交通委員会は、北京市の新型コロナウイルス感染症対策に基づき、封鎖管理エリアと管理コントロールエリアに指定されているエリア周辺のバス190路線の主要バス停および地下鉄駅54カ所では、5月17日の始発バス・列車から、乗客は乗車する際、健康コードのチェックが必要になることを明らかにした。中国新聞網が伝えた。

また、これは今後の感染症対策措置の変化に合わせて、随時更新されることになるとしている。(提供/人民網日本語版・編集/TG)