<あのころ>白井義男に感動と興奮

ボクシング、初の世界王者

© 一般社団法人共同通信社

1952(昭和27)年5月19日、ボクシング世界フライ級タイトル戦で白井義男選手(左)がダド・マリノ選手(米国)に判定勝ちし、日本人初の世界王座に輝いた。東京・後楽園球場特設リングには4万人超の観衆が詰め掛け、ラジオ中継によって日本中が感動と興奮に包まれた。