JR西日本エリアの「STATION BOOTH」設置駅拡大 九州にも

© Traicy Japan Inc,

JR東日本とJR西日本は、JR西日本エリアでのワークスペース「STATION BOOTH」設置駅を拡大し、新たに九州にも上陸する。

京都・長岡京・神戸・広島・小倉駅に、1名用個室ブース型シェアオフィス「STATION BOOTH」を5月31日に開業し、9拠点に拡大する。広島・小倉駅は改札内への設置となる。

予約開始は5月30日午後6時頃を予定している。個人会員はJRおでかけネット、STATION WORKのウェブサイトから登録ができる。法人会員はJR東日本との法人契約が必要となる。

「STATION BOOTH」には、デスクやWi-Fi、電源を整備している。提携先を含め、全国500か所に設置している。