芳岡ひでき絵画展「昭和を描く」

© 奈良テレビ放送株式会社

 

 愛らしい動物などをエアブラシで描く、奈良市出身のアーティスト、芳岡ひできさんの絵画展が近鉄百貨店橿原店で開かれています。

 マディソンバッグを持った動物たちに企業のホーロー看板、懐かしい昭和の街角の風景がよみがえるようです。この絵画展は、芳岡さんが今は良き時代として記憶に残る昭和を描いた新作を中心に展示するものです。

1956年、昭和31年に奈良市に生まれた芳岡さんは、自然がまだ多く残る中でさまざまな冒険をして遊んでいたといい、その頃の記憶や思いなどを描きました。
アーティスト 芳岡ひできさん

「僕らの年代では、懐かしいな、こういうのあったなということで、ちょっとほんわかした気持ちになっていただいたら嬉しいです」
また、芳岡さんの母校、県立奈良高校の風景などを描いた作品も展示されています。芳岡ひでき絵画展、「昭和を描く」は、5月24日まで開かれています。