県医師会定例会見 「熱中症対策として屋外ではマスク不要」

© 奈良テレビ放送株式会社

 県医師会は、19日定例の記者会見を開き、屋外で新型コロナへの感染の危険がない状況では、マスクは不要とする見方を示しました。

 会見で県医師会の安東範明会長は、オミクロン株の変異種、BA.2の病原性がBA.1と同程度とする研究が発表されたことや、感染しても無症状や軽症の人が多いことなどを受けて「今後、病原性の強い変異種が現れない限り、全体として出口に近づいていると明るく捉えられる」という見方を示しました。

そのうえで、気温が高くなる夏場を目前に控え、感染防止対策で着用しているマスクについては「換気の良い屋外などで人との距離が保たれ、ほぼ感染の危険がない場所では、熱中症予防の観点からマスクは不要」とする考えを述べました。

一方で、ワクチン接種をはじめとした感染防止対策を怠らないことが、出口へ進むためには重要だとして、次のように述べました。

県医師会安東範明会長

「病原性が低くて弱毒化したとはいえ、(新型)コロナウイルスに感染すると、一定数、後遺症の可能性もあるということです。軽くなったからといって、軽く見ないでということです。」