郁文館夢学園、DDP開始…日米の高校卒業資格ダブル取得

© 株式会社イード

U.S. Dual Diploma Program(DDP)

郁文館夢学園はトップレベルの国際教育を提供する未来型インターナショナルスクール U.S. Dual Diploma Program(DDP)授業をスタートした。日本の高校に通いながら、日本とアメリカの高校卒業資格を、ダブルで取得できる。

中学高校卒業までの6年間は人格形成に不可欠な期間であり、また高校卒業までに、世界で通用する英語力と海外の大学で通用する実力を身に付けていれば、その後の進路の選択幅が大きく広がり、到来するチャンスの質も数も変わる。トップレベルの国際教育を提供するDDPプログラムが郁文館夢学園で2022年より正式導入され、授業がスタートした。

DDPプログラムのパートナー大学は、全米18大学(2020年現在)。いずれも全米トップ5%にランキングされる名門大学。国内高校とDDPプログラムの学業成績が基準点を満たすことで、すべてのパートナー大学への推薦入学を実現している。また中には、帰国子女、海外高校卒業生対象の「特別枠入試受験資格」を認めている大学もある。

授業はトップ大学への進学準備校(プロビデンスカントリーデイスクール)高校教師がオンライン・ライブで直接指導をする。また、JAAC日米学術センター専属コーチがオンライン補習授業を行う。個別のカウンセリングやチュータリング等もあるため、万全の学習サポートを受けながら、学ぶことができる環境だという。オンライン教材と学習システムは、オンライン教育の先駆者、スペシャリストが集結する世界的企業が開発している。

アメリカの高校の卒業資格を得ることで、アメリカ大学給付型奨学金制度による給付型奨学金の受給資格(対象200大学以上、30%~60%の授業料免除ならびに奨学金給付大学の選抜と入学手続きをカウンセラーがサポート)が受けられる制度もある。

大田芳恵