福島原発の放射能汚染水海洋放出の強行に懸念 中国外交部

© 新華社

福島原発の放射能汚染水海洋放出の強行に懸念 中国外交部

記者会見に臨む中国外交部の趙立堅報道官。(資料写真、北京=新華社配信)

 【新華社北京5月19日】中国外交部の趙立堅(ちょう・りつけん)報道官は19日の定例記者会見で、日本の原子力規制委員会が東京電力福島第1原発の放射能汚染水海洋放出計画に関する「審査書案」を了承したことについてコメントを求められ、次のように述べた。

 中国は、日本が海洋放出計画を強行することに懸念を表明する。国際社会と国内の民衆の正当で合理的な懸念に対し、日本は応じず、今に至っても海洋放出計画の正当性、汚染水データの信頼性、浄化装置の有効性、環境への影響の不確実性などについて十分で信頼できる説明をしていない。このような日本の利己的なやり方は受け入れがたい。

 日本は海洋放出に固執し、強行するのではなく、国際社会と日本国内の広範な民衆の正当な要求を直視し、周辺国を含む利害関係者や関係国際機関と十分に協議して、汚染水の適切な処理方法を探るべきだ。