春季関東高校野球21日開幕 茨城県勢2校、頂点挑む 初戦は22日、2回戦

© 株式会社茨城新聞社

4年ぶり4度目出場の明秀日立

第74回春季関東高校野球大会は21日、宇都宮市清原球場と栃木県総合運動公園野球場で開幕し、1都7県の代表各2校(開催地の栃木は3校)の計17校が熱戦を繰り広げる。茨城からは秋季大会に続く優勝を狙う4年ぶり4度目の出場の明秀日立と、上位進出を狙う初出場のつくば秀英が強豪に挑む。

茨城の2校は22日の2回戦から登場。1位代表の明秀日立は、栃木県総合運動公園野球場の第1試合(10時)で銚子商(千葉2位)と青藍泰斗(栃木3位)の勝者と対戦する。2位代表のつくば秀英は、宇都宮市清原球場の第1試合(10時)で作新学院(栃木1位)に挑む。

1回戦から観客数制限なしで開催され、準決勝は28日、決勝は29日に、いずれも宇都宮市清原球場で行われる。

初出場のつくば秀英