<あのころ>唇と歯のコンクール

アイマスクで笑顔

© 一般社団法人共同通信社

1951(昭和26)年5月20日、アイマスクを着けて並ぶのは東京・銀座で開かれた「唇と歯のコンクール」の参加者。歯磨き製品のPRで、学生や会社員、主婦など300人が集まった。厚生省の歯科衛生課長ら5人が「はい笑って」「歯を見せて」などと審査し、優勝者に2万円、入賞9人に5千円ずつ現金が配られた。