ツイッター、誤情報の拡散防止へ

紛争時、閲覧前に警告ラベル表示

© 一般社団法人共同通信社

ツイッターのロゴ

 米短文投稿サイトのツイッターは19日、新たな誤情報の拡散防止策を導入すると発表した。紛争などの危機下で、誤解を招く内容の投稿には、閲覧する前に警告ラベルを表示し、注意を促す。リツイート(転載)や「いいね」などの機能は無効となる。新ルールは、ロシアによるウクライナ侵攻から適用する。

 戦況などに関する投稿について、複数の信頼できる情報源から誤解を招く可能性があるとの証拠が得られ次第、閲覧前に警告を読まなければいけなくなる。

 警告ラベルを表示するのは、虚偽の報道や、武力行使、戦争犯罪に関する虚偽の申し立てなど。国営メディアや政府公式アカウントに優先的に付ける。