会話なしなら屋外マスク不要

厚労省、考え方発表

© 一般社団法人共同通信社

東京・渋谷の交差点で信号を待つマスク姿の人たち。厚労省は、会話をほとんど行わなければ屋外でマスク着用の必要はないとする考え方を発表した=20日午後

 新型コロナウイルス対策を巡り、厚生労働省は20日、マスク着用に関する考え方を発表した。屋外で人と2メートル以上の距離を確保できない場合でも、会話をほとんど行わなければ、着用の必要はないとしている。専門家が19日にまとめた見解を踏まえた。熱中症のリスクが高まる夏を前に、考え方を明確化した。

 考え方によると、徒歩での通勤など人とすれ違うが会話がない場面ではマスクは不要とした。また屋内でも、人が少ない図書館のように、周囲と2メートル以上離れて、会話がない状況では、着用は必要ないとしている。ただ通勤電車の中など人と距離が確保できない屋内では着用を推奨している。