中国、為替デリバティブを拡充へ リスクヘッジを支援

© ロイター

[上海 20日 ロイター] - 中国国家外為管理局(SAFE)は20日、最近の人民元の大幅な変動を受け、企業の為替リスクのヘッジを支援する新たなデリバティブ手段を提供すると表明した。

銀行が為替デリバティブ事業を手掛けやすくし、為替リスクの管理を向上させることを奨励するとした。

SAFEの王春英副局長は、今回の発表は「中国の外国為替市場の深みと広がりをさらに増し、市場参加者が為替リスクをより良く管理できるようにする」のが目的だと説明した。

人民元は4月に対ドルで約4%下落し、今月も乱高下している。

中国の金融機関は現在、欧州型の通貨オプションを取引できるが、米国型やアジア型の通貨オプションも取引できるようになる。

今後より多くの銀行に為替デリバティブ事業を許可する。

SAFEは、「市場中立」の考え方とヘッジ手段の利用を引き続き推進する一方、人民元の一方向の取引は奨励しないと述べた。