沖縄そばを代表する店!沖縄・那覇の強靭なコシの自家製麺が印象的な「沖縄そば」

© SMNメディアデザイン株式会社

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

1994年オープンの沖縄そばの名店

ゆいレールの首里駅から歩いて5分ほどの首里城の近くにある沖縄そばの名店『首里そば』。

1993年に閉店した今はなき伝説的沖縄そば専門店『さくら屋』の味を継承するお店で、開店前から行列ができるほどの人気っぷり!

完全手打ちの100食限定麺のため、ランチのみの営業です。

広々とした店内はカウンター、テーブル席、座敷がありアットホームな雰囲気。

メニューは首里そば(大・中・小)のほか、煮付け、おにぎり、じゅーしーなどが揃います。

「首里そば」は、他店とはひと味もふた味も違う強靭な麺が特徴!

出汁に麺、具と、こだわりが随所から感じられる、驚くほど澄んだ透明なスープが印象的。確かに他とは違うなと感じさせる沖縄そばです。

スープは豚の赤身と鰹節を時間をかけてじっくりと、旨味を丁寧に引き出し島マース(沖縄の塩)で味を整えています。その味わい深さは、気づけば全部飲み干してしまうほど!

具は沖縄県産の豚の三枚肉・赤肉(ロース)・白かまぼこ・針生姜。

三枚肉や赤肉は沖縄県産の上質な豚肉を泡盛を贅沢に使い煮込んで完成させたもの。赤身はホロホロほぐれ脂身はトロっと溶け出す、うっとりするような味わいです。

真っ白な麺は、『さくら屋』のそば打ち技術を唯一伝承したとされる強靭なコシの自家製麺!不揃いな平打ち麺であることが食感にアクセントを与え、飽きさせません。

小麦粉とかん水を使用し、手もみやテコの原理で圧を加え7時間も費やされる手打ちの自家製麺で、こだわり抜いた無漂白の小麦粉の香りと歯ごたえあるコシの強さはここだけのもの!

昆布、かまぼこ、豚肉、人参などで具沢山に炊き上げた優しい味わいの「じゅーしー」は、首里そばの最高のお供です。

沖縄の自然の恵みが感じられる豊かな味わいの沖縄そば、那覇に訪れた際はぜひ一度ご賞味あれ!

公認ライターおすすめ!沖縄県の美味しいごはん旅をご紹介

1979年から愛され続ける「ジャンボステーキ」や地元密着の沖縄そば専門店の「沖縄そば」など、沖縄県で味わってほしいグルメをご紹介しています!

https://gohantabi.jp/okinawa

首里そば

〒903-0813 沖縄県那覇市首里赤田町1丁目7

*この記事は2019年4月時点の情報を基に作成しています。

*新型コロナウイルス感染症の影響で、営業状況や掲載内容に変更が生じる場合があります。最新の情報は、事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

*「ニッポンごはん旅」は、新型コロナウイルス終息後の旅行先として検討いただきたいという想いで各地の情報を発信しています。

*この記事で使用している画像は、執筆者が撮影したものです。

ライター:ニッポンごはん旅・編集長