コカ・コーラのキャンペーンでクイーンの名曲を世界7組のアーティストがカバー

© ユニバーサル ミュージック合同会社

Ari Lennox in 'The Conductor' - Photo: Courtesy of Coke Studios/YouTube

コカ・コーラは、パキスタンを拠点とする音楽フランチャイズ「Coke Studio」を世界的に展開することを決定。これを記念して、国際的に活躍する7組のアーティストを集め、クイーンの1986年のヒット曲「A Kind of Magic」を再構築し、2022年5月20日にYouTubeにて映像「The Conductor」を公開した。

<YouTube:Coke Studio - The Conductor>

参加アーティストは世界中のエリアから代表された全7組が選出された。

【アメリカ】アリ・レノックス(Ari Lennox):グラミー賞にノミネートされたR&Bシンガー

【UK/ヨーロッパ】グリフ(Griff):ブリット・アワード受賞のシンガーソングライター

【トルコ/東ヨーロッパ】Ekin Beril:エレクトロポップのプロデューサー

【アメリカ/ラテン】マライア・アンジェリク(Mariah Angeliq):レゲトンのスター

【ナイジェリア/アフリカ】テムズ(Tems):ナイジェリアのシンガー兼プロデューサー

【カナダ/インド】テッシャー(Tesher):カナダのラッパー

【韓国/アジア】TRI.BE(読み:トライビー):K-Popグループ

アーティスト達は映像への出演・歌唱に加え、それぞれによる「A Kind of Magic」のカヴァー・バージョンをストリーミングで配信している。また「Coke Studio」のYouTubeページでは、楽曲配信に加えて、舞台裏の映像も公開されている。

今回のキャンペーンについてコカ・コーラのグローバル・クリエイティブ戦略・コンテンツ責任者であるプラティック・タカールは次のようにコメント。

「Coke Studioプラットフォームはパキスタンで生まれ、アフリカやフィリピンでも大きな成功を収めており、YouTubeの登録者数は1,100万人に達しています」

コカ・コーラのグローバル・クリエイティブ戦略・コンテンツ責任者であるプラティック・タカールはこう語る。

「今回のプロジェクトは飛躍的に成長する可能性を秘めていると確信しています。今日、私たちの象徴的なブランドのリーチを活用して、新しいオーディエンスが素晴らしいアーティストを知る手助けをし、世界中に紹介できることを楽しみにしています」

ユニバーサルミュージックグループのグローバルブランド担当EVPであるリチャード・ヤッファはこうコメントを寄せている。

「今回、音楽とクリエイティブな映像の両方をすすめるにおいて、素晴らしいアーティストたちとコカ・コーラチームとのコラボレーションは魔法のようでした。我々は、驚異的な才能を紹介すること、世界中のアーティストたちと提携すること、そして彼らのファンベースを拡大する機会を作りながら音楽を共有することを支援することに深くコミットしている点で一致しています」

楽曲「A Kind of Magic」は、大成功を収めたクイーンの12枚目のスタジオ・アルバムのタイトル曲となり、英国チャートで首位を獲得した。この曲は、6月17日に初めてレコードで発売される3枚のベスト盤のセット『The Platinum Collection』にも収められている。

Written By Tatiana Tenreyro