春季関東高校野球開幕 茨城県勢2校、22日初戦 明秀は銚子商と

© 株式会社茨城新聞社

第74回春季関東高校野球大会は21日、宇都宮市清原球場と栃木県総合運動公園野球場で開幕した。第1日は1回戦1試合と2回戦4試合があり、12年ぶり出場の銚子商(千葉2位)が青藍泰斗(栃木3位)を4-3で破り、2回戦へ駒を進めた。そのほか、山梨学院(山梨1位)や前橋育英(群馬1位)などが準々決勝へ勝ち進んだ。

第2日は22日、同じ2球場で2回戦4試合が行われ、茨城県勢が初戦を迎える。茨城1位の明秀日立は栃木県総合運動公園野球場の第1試合で銚子商と、茨城2位のつくば秀英は宇都宮市清原球場の第1試合で作新学院(栃木1位)と対戦する。試合開始はいずれも午前10時の予定。