海底に沈むプラごみ調査に出発

「しんかい」相模湾へ

© 一般社団法人共同通信社

海底に沈むプラスチックごみの調査をする有人潜水調査船「しんかい6500」=20日、神奈川県横須賀市(海洋研究開発機構提供)

 日本周辺の深海に沈むプラスチックごみの実態を調査するため、海洋研究開発機構の有人潜水調査船「しんかい6500」が22日、神奈川県横須賀市を出発した。支援母船「よこすか」に乗り、約20日間かけて相模湾や伊豆諸島沖の海底を探る。

 調査船は水深約5500メートルまで潜航し、海底に堆積しているプラスチックごみを回収、付着している微生物を調べる。2019年の調査では30年以上前のプラごみを見つけた。

 群馬大の粕谷健一教授が同行し、開発中の新素材プラスチックを海底に設置し、微生物の働きで速やかに分解するかどうかを検証する。

この記事はいかがでしたか?