黒沢尻工、十二回サヨナラ 春季高校野球県大会

© 株式会社岩手日報社

盛岡市立-黒沢尻工 黒沢尻工12回裏1死一、二塁から高橋瑠の内野ゴロが敵失を誘う間に、二走菊池(中央)がサヨナラのホームに生還する=二戸

 第69回春季東北地区高校野球県大会第2日は21日、野田村のライジングサンスタジアムと二戸市の大平球場で1回戦6試合を行った。黒沢尻工が延長十二回サヨナラ3-2で盛岡市立に勝ち、2回戦に駒を進めた。

 盛岡三は6-3で専大北上を下した。花巻北は花巻南に6-4、盛岡大付は盛岡商に4-1で、それぞれ同地区対決を制した。

 第3日の22日は2回戦の8試合が行われ、夏の岩手大会のシード権を得る8強が決まる。