米の「拡大抑止」強化へ議論 木原氏、首脳会談巡り見通し

木原誠二官房副長官

 木原誠二官房副長官は22日のフジテレビ番組で、岸田文雄首相とバイデン米大統領の23日の首脳会談に関し、米国が核と通常戦力で日本防衛に関与する「拡大抑止」の強化が議論されるとの見通しを示した。「現実の問題として北朝鮮が核開発を進め、核保有国が日本の近隣にいる。拡大抑止は必然だ」と述べた。

 米国主導のインド太平洋経済枠組み(IPEF)については歓迎を表明。「米国がインド太平洋に関与する端緒になる。参加に向けて前向きに検討している」と語った。

 6月から1日当たりの入国者数上限を2万人に引き上げる水際対策を巡っては、さらに緩和を目指す考えを明らかにした。

© 一般社団法人共同通信社