中国・ラオス国際貨物列車と「中欧班列」が初めて試験的に開通―中国メディア

© 株式会社 Record China

50TEU(標準コンテナ換算)のコンテナを積み込んだ国際定期貨物列車「中欧班列」が18日午後、貴州省貴陽市都拉営にある国際陸上海上連携物流港を出発し、ハンガリーのブダペストに向かった。貨物の一部はベトナムから中国・ラオス鉄道を経由して貴陽に輸出され、それから「中欧班列」に積まれて欧州に直接輸出されている。このことは中国・ラオス鉄道の国際貨物輸送列車と「中欧班列」と初めて試験的に開通したことを示している。

新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、東南アジアの航空路線は便数が減り、海上輸送費は変動が大きく、貨物を積み込むスペースが不足していることから、「中欧班列」の南方路線が海上輸送の穴を効果的に埋めることになった。今回の試験的開通は2大国際ルートが貴州省で混じり合うことを示しており、国際市場のさらなる開拓、ルートの能力増強、ターミナル機能の強化にプラスになる。(提供/人民網日本語版・編集/KS)