中国初の太陽光発電型EVバッテリー交換ステーションが稼動

© 新華社

中国初の太陽光発電型EVバッテリー交換ステーションが稼動

20日、作業場内に停車する電池交換式の大型EVトラック。(成都=新華社記者/劉海)

 【新華社銀川5月22日】中国寧夏回族自治区銀川市で20日、中国のエネルギー大手、国家能源集団傘下の寧夏電力の子会社、国能浙能寧東発電(以下、寧東発電)が実施した「電池交換式大型トラックグリーン交通(物流)モデルプロジェクト」が完成し、中国初の太陽光発電電力を直接供給する電気自動車(EV)バッテリー交換ステーションが稼動を開始した。

中国初の太陽光発電型EVバッテリー交換ステーションが稼動

20日、大型EVトラックのバッテリーを交換するロボットアーム。(成都=新華社記者/劉海)

 同プロジェクトは、寧東発電と寧夏啓源衆維科技が共同で建設した。寧東発電は応用シーンと用地、使用電力を提供し、寧夏啓源衆維科技は関連資産投資と実施、運用保守を担当。第1期として、合わせて大型EVトラック100台の電池交換に対応するバッテリー交換ステーション2基を建設した。同ステーションは無人化されており、1車両当たり3~5分でバッテリーを自動交換できる。(記者/劉海)

中国初の太陽光発電型EVバッテリー交換ステーションが稼動

20日、電池交換式大型トラックグリーン交通(物流)モデルプロジェクトの竣工式。(成都=新華社記者/劉海)