北朝鮮首都で軍重鎮の国葬、多数が参列

© 一般社団法人共同通信社

 【北京共同】朝鮮労働党機関紙、労働新聞は23日付で、北朝鮮政府が22日に首都平壌で、軍重鎮の国防省総顧問、故玄哲海氏の国葬を執り行ったと報じた。多数の軍人が参列し、市民が沿道で葬列を見送る写真も掲載した。