作新学院 コールドで勝利 春の関東高校野球

© 株式会社とちぎテレビ

栃木県で開かれている春の関東高校野球は22日、大会2日目を迎え栃木1位の作新学院は茨城2位のつくば秀英と対戦し10ー3のコールドで勝利しました。

大会初日に栃木県勢の2チームが姿を消すなか、2日目の22日は作新学院が関東大会初出場のつくば秀英と対戦しました。

1回表の作新学院の攻撃。1アウト、ランナー1塁2塁のチャンスに4番・齋藤。レフトへ鋭い打球を放ち幸先良く1点を先制。2回表にはツーアウト満塁の場面から2番・菅原と3番・武藤が連続タイムリーヒットで4点を加えて突き放します。3回表にも7番・磯が犠牲フライで1点を追加し、6ー0とリードを広げます。

作新学院は4回裏に3点を失いますが、5回表と6回表に1点ずつ加え、力投する先発の横尾を援護します。

さらに8回表、1塁にランナーを置き、ここまで3打点の活躍の3番・武藤。レフト方向に大きなアーチを描くツーランホームランで勝負あり。作新学院はつくば秀英を10ー3の8回コールドで初戦を勝利で飾りました。

作新学院は24日、県営球場で埼玉2位の山村学園と対戦します。