RKB毎日HD、ネッツフォレスト陸上養殖とサーモン陸上養殖事業への参入を発表 / Screens

© 株式会社TVer

株式会社RKB毎日ホールディングス(本社:福岡市、以下「RKB毎日HD」)は、NECネッツエスアイ株式会社(以下「NECネッツエスアイ」)のグループ会社であるネッツフォレスト陸上養殖株式会社(以下「ネッツフォレスト陸上養殖」)とパートナーシップを構築し、サーモン陸上養殖事業に取り組むことを発表した。

RKB毎日HDは、エリア貢献を使命とし、中核事業である放送事業に加え、新たな事業の創出に取り組んでいる。本陸上養殖事業では、ネッツフォレスト陸上養殖が有する最新の陸上養殖技術と、NECネッツエスアイのICT/デジタル技術を融合し、安心・安全で高品質なサーモンの安定的生産を目指す。また、陸上養殖場での雇用創出や生産されたサーモンの販売を通じた地域の経済活性化をはかると共に、海洋環境の保全や国内での安定的な食糧確保など、SDGsへの貢献も目指すという。

【陸上養殖】
陸上養殖は、陸上に作った工場で、地下水などをろ過しながら循環させて魚介類の養殖を行う。天候に左右されず安定的に生産できる利点があり、餌や排せつ物による環境負荷を抑えることができる。

【サーモン】
サケ、サーモン、トラウト、マスと呼ばれている魚は、すべてサケ目・サケ科に属している魚、かつサケ亜科に分類。細かく分けると、サケ属のシロサケ、カラフトマス、ベニザケ、トラウト(ニジマス)、ギンザケ、キングサーモンと、サルモ属のアトランティックサーモンに分類。子会社設立 フランチャイズ契約