アニソン列伝② 持ち歌1000曲超 アニソン界の女王・堀江美都子

© 奈良テレビ放送株式会社

 前回、アニソン界の帝王・水木一郎について取り上げたが、今回はアニソン界の女王について紹介しよう。

そう「堀江美都子」について。

 堀江美都子は1969年、アニメ「紅三四郎」の主題歌でデビューを果たした。その後も「ハクション大魔王」「けろっこデメタン」「キャンディ・キャンディ」「超電磁マシーン ボルテスV」「花の子ルンルン」等々アニメ、特撮からドラマ、ゲーム主題歌まで幅広いジャンルの作品に携わり、持ち歌は1000曲を超える。中でも「キャンディ・キャンディ」は100万枚突破の大ヒットとなり、数々のヒット賞にも輝いた。歌い出しの「可愛い雰囲気」とサビでの「切なさが加速していく感じ」のギャップには、当時の子どもたちも圧倒されたのではないだろうか。

 また、声優としても活躍しており、「魔法少女ララベル」のララベルや「Dr.スランプ アラレちゃん」のオボッチャマン、「愛少女ポリアンナ物語」のポリアンナ役など数多くの作品に出演している。今でこそアニメ主題歌と声優の二刀流は珍しくないが、堀江美都子はそのパイオニアといえるだろう。

<ナラトワ編集部が独断で選んだ堀江美都子アニソンTOP5>

5位 アクビ娘(ハクション大魔王 ED曲)

4位 ぼくらきょうだいてんとう虫(てんとう虫の歌 OP曲)

3位 魔法少女ララベル(魔法少女ララベル ED曲)

2位 ボルテスVの歌(超電磁マシーン ボルテスV OP曲)

1位 あしたがすき(キャンディ・キャンディ ED曲)

 そんなアニソン界の女王の名曲を生で聴けるライブが8月に奈良で開催される。さらに嬉しいのは、アニソン界の帝王・水木一郎、アニソン界のプリンス・影山ヒロノブと共に「アニソンBIG3」としてのライブなのだ。

 水木一郎といえば、堀江美都子と同じ時代を駆け抜けてきたアニソンシンガーの第一人者である。「バビル2世」「マジンガーZ」「宇宙の騎士テッカマン」「マシンハヤブサ」「超電磁ロボ コン・バトラーV」「宇宙海賊キャプテンハーロック」等々数えきれないほどの名曲を歌い続け、持ち歌は1200曲を越える。

 影山ヒロノブは、「ドラゴンボールZ」の主題歌『CHA-LA  HEAD-CHA-LA』や「 聖闘士星矢」の主題歌『聖闘士神話 〜ソルジャー・ドリーム〜』など世界的に有名なアニメソングも担当。アニソン界のスーパーユニット「JAM Project」のリーダーとしても活躍している。

 そんなレジェンドたち3人の熱いステージを見逃さないようライブ情報は要チェックだ。

アニソンBIG3スーパーライブ2022

【出演】水木一郎/堀江美都子/影山ヒロノブ

【日時】2022年8月11日(木•祝)開場16:00 / 開演17:00

【場所】なら100年会館大ホール

【チケット】S席5,500円(税込) A席5,000円(税込)※全席指定

 ※未就学児入場不可

くわしくは、特設サイトでご確認ください。

https://www.naratv.co.jp/big