カヌー成年ワイルドウオーター・カヤックシングル 男子・寺島、女子・保喜 1位通過

国体九州ブロック大会

© 株式会社長崎新聞社

【カヌー成年ワイルドウオーター・カヤックシングル1500メートル】1位通過した男子の寺島(諫早市役所、上)と女子の保喜(西海市役所)=川内川轟の瀬特設カヌー競技場

 栃木国体の出場権を懸けた第42回九州ブロック夏季大会が22日、鹿児島県湧水町の川内川轟の瀬特設カヌー競技場で開幕した。第1日はカヌー成年のワイルドウオーターとスラロームが行われ、長崎県勢はワイルドウオーター・カヤックシングル1500メートル(男女各1枠)で男子の寺島崚一郎(諫早市役所)、女子の保喜ちひろ(西海市役所)が1位でゴールして、そろって本大会出場権を手にした。
 寺島、保喜ともに前半のフラットな水面で貯金をつくり、後半の急流をうまく乗り切った。
 第2日は7月9日、熊本県菊池市で馬術を実施する。