スペイン各地で季節外れの高温、5月の記録更新も

© ロイター

[マドリード 21日 ロイター] - スペインで21日、季節外れの気温上昇が発生した。一部地域では摂氏40度近くに達し、扇子であおいだり水を飲んだりする人や、水浴びする人の姿が見られた。

スペイン国立気象庁(AEMET)はツイッターで、「21日午前の気温は(イベリア)半島中部と南部の大半で、この時期としては異常な高温となった」と投稿。同日に30度台後半が予想されたスペインの10地域に高温警報を発令した。

20日にはアンダルシア州の都市ハエンで40度に達し、5月の最高記録を更新した。AEMETによると、ハエンの平均気温は例年のこの時期を16度上回った。

その他の地域でも少なくとも平年を7度上回ったという。

*動画を付けて再送します。

この記事はいかがでしたか?