アニソン列伝③ ロックな男 アニソン界のプリンス・影山ヒロノブ

© 奈良テレビ放送株式会社

 アニソン列伝・第3回目は、帝王・水木一郎、女王・堀江美都子に続いてアニソン界のプリンスを紹介しよう。

その名は、言わずと知れた「影山ヒロノブ」である。

 影山ヒロノブは1977年にバンド「LAZY(レイジー)」としてデビュー。「赤頭巾ちゃんご用心」「DREAMER(ドリーマー)」などの名曲を残す。LAZY解散後、1985年にソロシンガーとしてスーパー戦隊シリーズ「電撃戦隊チェンジマン」の主題歌を担当。そして、1989年、アニソンシンガーとしての彼の代表曲のひとつに出会う。「ドラゴンボールZ」の主題歌『CHA-LA  HEAD-CHA-LA』である。約4年5か月もの間、主題歌として使われたこの曲は、元人気ロックバンドのボーカルであった影山ヒロノブにばっちりハマる軽快なロックチューンで、昭和アニソン最後の名曲と言っても過言ではない。

 2000年からは、アニソン界のスーパーユニット「JAM Project」のリーダーも務めているほか、近年では海外のアニメイベントにも多数出演、また、作詞、作曲、編曲、プロデュースをこなすアニソンアーティストとして、数々のプロジェクトにも参加するなど活躍の場をますます広げており、その勢いはとどまることを知らない。

<ナラトワ編集部が独断で選んだ影山ヒロノブ アニソンTOP5>

5位 鳥人戦隊ジェットマン(鳥人戦隊ジェットマン OP曲)※

4位 STARDUST MEMORY(超時空騎団サザンクロス 挿入曲)

3位 スターダスト ボーイズ(宇宙船サジタリウス OP曲)

2位 聖闘士神話 〜ソルジャー・ドリーム〜(聖闘士星矢 OP曲)

1位 CHA-LA  HEAD-CHA-LA(ドラゴンボールZ  OP曲)

 ※はアニソンではなく特撮ソング

 そんなアニソン界のプリンスの名曲を生で聴けるライブが8月に奈良で開催される。さらに嬉しいのは、アニソン界の帝王・水木一郎、アニソン界の女王・堀江美都子と共に「アニソンBIG3」としてのライブなのだ。 

 水木一郎といえば、「アニキ」の愛称でも知られるアニソンシンガーの第一人者である。「バビル2世」「マジンガーZ」「宇宙の騎士テッカマン」「マシンハヤブサ」「超電磁ロボ コン・バトラーV」「宇宙海賊キャプテンハーロック」等々数えきれないほどの名曲を歌い続け、持ち歌は1200曲を越える。

 堀江美都子もアニソン界のパイオニアで、「魔法のマコちゃん」「キャンディ・キャンディ」「花の子ルンルン」など持ち歌は1000曲以上。声優としても活躍しており、「魔法少女ララベル」のララベルや「Dr.スランプ アラレちゃん」のオボッチャマンなど数多くの作品に出演している。

 そんなレジェンドたち3人の熱いステージを見逃さないようライブ情報は要チェックだ。

アニソンBIG3スーパーライブ2022

【出演】水木一郎/堀江美都子/影山ヒロノブ

【日時】2022年8月11日(木•祝)開場16:00 / 開演17:00

【場所】なら100年会館大ホール

【チケット】S席5,500円(税込) A席5,000円(税込)※全席指定

 ※未就学児入場不可

くわしくは特設サイトをご確認ください!

https://www.naratv.co.jp/big3/