バイデン大統領の日韓訪問順が日本で波紋「自尊心傷付けられた」「儀礼的な意味しかない」―中国メディア

© 株式会社 Record China

2022年5月21日、中国メディアの観察者網は、バイデン米大統領の日韓両国訪問の順番をめぐって、日本のネットユーザーの間で議論が繰り広げられたことを報じた。

記事は、初めてのアジア訪問となるバイデン大統領が20日に韓国を訪れて日韓首脳会談を行い、22日に訪日して23日に日米首脳会談、24日にクアッド首脳会議を行うと紹介した。

そして、日韓訪問の順番についてホワイトハウスのサキ前報道官が退任前に「米国は日韓両国と強力な関係を築いているため、今回の訪問の順序を詮索するには及ばない」とコメントしていたことを伝える一方で、韓国メディアは「最初に韓国を訪れるのは、米国が米韓関係を重視していることの現れだ」とこぞって報じ、韓国大統領府関係者も18日に「象徴的な意味を持つ」との認識を示したとしている。

その上で、韓国メディアや韓国政府の態度について日本メディアを通じて知った日本のネットユーザーの間で議論が繰り広げられたとし、「順番には当然意味がある」「米国は表面上は『順番の意味を詮索するには及ばない』としているが、米国には確かに意図があった。日本は米国に対し従順だからと思われている。日本はある意味プライドを傷つけられたと感じる」「歴代の米大統領が日本より韓国を先に訪れた記憶はない。日本の優先度が下がった」との意見が出たことを伝えた。

一方で「韓国が日本よりも形式や儀礼を重んじるから。今はいつでもオンラインで首脳会談ができる時代であり、訪問の順番には儀礼的な意味しか持っていない」「韓国は変なところでメンツを重んじ喜ぶところがあるから」「まずクアッドの日程を決め、そこから日米首脳会談のスケジュールを決めた後で、ついでに韓国も訪れることを決めただけのこと」といったコメントも見られたとしている。(翻訳・編集/川尻)