お花で一休み(137) 枝に直接花がつく植物・ハナズオウ

© エヌ・ティ・ティレゾナント株式会社

美しい花の観賞はウォーキングの楽しみ。

花の名前を覚えるというのも立派なウォーキング・テーマであります。

__街ならではの花もあり、面白い発見があったりします。
__


どこかで聞いたことがある花名だと思いました。

この花は名札がちゃんとついていたので、大変助かりました。

「ハナズオウ(花蘇芳)」であります。

マメ科ハナズオウ属、中国原産。

枝に直接花がつくそうです。

遠くから花を眺めるより、近くに寄って花を見るほうが好きです。

とても綺麗な花色。

蘇芳(すおう)で染めた色に似ていることが、名の由来となっています。

蕾の所とか見ると、確かにマメ科っぽい

耐寒性が強い植物とあるので、札幌で見ることはできないかと調べてみたら、大通公園(中央区)西12丁目、資料館前に植えられていることがわかりました。

5月中旬~下旬に見頃を迎えるようです。

札幌に戻ったら見に行ってみようと思います。

<参考資料>

  • ウィキペディア「ハナズオウ」
  • みんなの趣味の園芸「ハナズオウ」

<追記>

札幌に戻りまして、早速、大通公園西12丁目に行ってみました。

そうしましたら、ありましたよ!

きれいに咲いておりました。

見事だわ

※実は既に札幌に戻っております。

が、東京で書いた記事が結構残っておりますので、東京編はまだまだ続きます。(すみません。)